大沢たかお主演『AI崩壊』の感想まとめ(ハラハラドキドキの内容に感動する!)

大沢たかお主演『AI崩壊』の感想まとめ(ハラハラドキドキの内容に感動する!) トレンド

1月31日に大沢たかお主演の『AI崩壊』が公開されました。

今回は映画『AI崩壊』についての感想や映画の概要について紹介します。

スポンサードリンク


大沢たかお主演『AI崩壊』の感想まとめ

現実味のある内容に圧倒される!

映画『AI崩壊』は医療AIである「のぞみ」が突如暴走をはじめ、命の選別をはじめるという、シンギュラリティの最悪のパターンが題材の作品になっています。

近年、世界中の科学者もAIの制御について、議論を交わしており、映画『AI崩壊』は現実味のある内容なだけに、危機感や学びを得る方も多かったようです。

現実に置き換えると怖いという感想

映画『AI崩壊』は現実にAIが発展している現在とリンクする部分もあり、現実と重ね合わせた時に怖いという方も多かったようです。

確かに人間の知能を超えた存在から命の選別をされるのは怖いですね。

これからAIがますます発展していく世の中はどうなっていくのでしょうか。

見応えありの内容で面白かったの声も多数!

映画『AI崩壊』は、ターミネーターなどのように実際にロボットが表立って映像にでる映画ではありません。

あくまで日常に溶け込んだAIを題材にした映画です。

『AI崩壊』の映画監督である入江悠さんは以下のように語っています。

ひとつよかったなと思うのは、子どものころに見ていたハリウッド映画のマネをすると絶対に失敗すると思っていたので、人工知能がターミネーターのような姿をしているわけではなく、僕らの生活の“日常の延長線上”にある身近なものとして描いたことです。そこの日常性みたいなところは、意外とハリウッド映画はあまり描いていないんです。

引用元:ねとらぼ

この日常に溶け込んだAIを題材にAIを暴走させた犯人と警察との逃走劇が描かれています。

ハラハラドキドキな内容におもしろいと感じる方は多いようです。

エンドロールが終わっても、周りで感想を騒いでしまうくらい感情が動かされる映画はなかなかないですね♪

スポンサードリンク


大沢たかお主演『AI崩壊』のあらすじ

2030年。人々の生活を支える医療AI「のぞみ」の開発者である桐生浩介(大沢たかお)は、その功績が認められ娘と共に久々に日本に帰国する。英雄のような扱いを受ける桐生だったが、突如のぞみが暴走を開始――人間の生きる価値を合理的に選別し、殺戮を始める。警察庁の天才捜査官・桜庭(岩田剛典)は、AIを暴走させたテロリストを開発者である桐生と断定。日本中に張り巡らされたAI監視網で、逃亡者・桐生を追い詰める。桐生が開発したAIを管理していたのは、桐生の亡き妻でありAI共同開発者の望(松嶋菜々子)の弟、西村(賀来賢人)。事件の鍵を握る西村も奔走する一方で、所轄のベテラン刑事・合田(三浦友和)と捜査一課の新米刑事・奥瀬(広瀬アリス)は足を使った捜査で桐生に迫る。日本中がパニックに陥る中、桐生の決死の逃亡の果てに待っているものとは?一体、なぜAIは暴走したのか?止まらないAI社会の崩壊は、衝撃の結末へ――。

引用元:Filmarks映画

近年、急成長を遂げているAIと重なる部分もあり、ハラハラドキドキの内容ですね。

今後、私達の現実でもAIの開発者の手一つで、この様になってしまうことがあるとすれば、とても怖いですね。

現実味があり、今後のAIについても考えさせられる一作となりそうです。

スポンサードリンク


大沢たかお主演『AI崩壊』の感想まとめ

『AI崩壊』を見た方の感想としては、以下の感想が多かったです。

大沢たかお主演『AI崩壊』の感想まとめ
  • 現実味があり、考えさせられる
  • 現実に置き換えると怖くなったという感想
  • 逃走劇が描かれており、ハラハラドキドキで面白い

これから発展が期待されるAIですが、実際の現実ではどのようにAIが活躍するのか、これからも注目していきたいですね。

コメント