コロナウイルス対策にはアルコールが効く!手洗いとアルコール消毒で予防

コロナウイルス対策にはアルコールが効く!手洗いとアルコール消毒で予防 トレンド

コロナウイルス対策にはアルコールが効果を発揮すると言われています。

2020年1月現在、コロナウイルスは全世界に広がりをみせ、日本国内でも感染が確認されています。

コロナウイルスについての関連記事はこちらからご覧ください。

アルコールでの手洗いを心がけ、予防に努めましょう。

スポンサードリンク


コロナウイルス対策にはアルコールが効果ありな理由

コロナウイルス対策にはアルコールが効果ありな理由

コロナウイルスの感染能力として以下が挙げられます。

コロナウイルスの感染能力
  • 飛沫感染
  • 接触感染

コロナウイルスは空気感染の能力はないようです。

そのため、マスク着用を徹底し、飛沫感染を防ぐことと、手洗いを徹底することで接触感染を防ぐことで感染リスクを大きく下げることができることが期待できます。

スポンサードリンク


コロナウイルス対策は手洗い後にアルコール消毒!

コロナウイルス対策は手洗い後にアルコール消毒!

消毒に関しては、以下が効果があると言われています。

消毒の効果的な使い方
  • ものの表面には次亜塩素酸ナトリウムが効果あり
  • 手などの表面には消毒用アルコールが効果あり

消毒用アルコールに関しては、70%の濃度のものが最適です。

手洗い後に濡れた状態で、アルコールを塗布すると濃度が下がってしまうため、注意が必要です。

この動画でも、手洗いについては重要であると述べられているので、手洗いが最善の予防策といえるでしょう。

スポンサードリンク


コロナウイルス対策でできる他人に移さないための工夫

コロナウイルス対策でできる他人に移さないための工夫

WHOでは感染対策として、咳やくしゃみをする場合は、肘で押さえることが推奨されています。

肘で押さえることで、手にウイルスが付着し、他のものなどを触った際にウイルスが拡散されていくことを予防することができます。

ティッシュやハンカチなど、直接身体の部位で押さえなくても良い場合は、あまり気にする必要はありません。

スポンサードリンク


コロナウイルス対策にはアルコールが効く!【まとめ】

コロナウイルス対策にはアルコールが効く!【まとめ】

コロナウイルスの感染能力には以下があります。

コロナウイルスの感染能力
  • 飛沫感染
  • 接触感染

飛沫感染を防ぐためには、マスクの着用が有効です。

接触感染を防ぐには、手洗いを徹底し、手洗い後アルコールで消毒することで、予防が可能となります。

世界的に拡大しているコロナウイルスは感染力が強く、今後日本でも広まる可能性もあります。

しっかりと予防を行い、感染リスクを下げて健康的な毎日を送りましょう。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]