画像のおすすめ圧縮サービスを紹介【ブロガー必見!】

画像のおすすめ圧縮サービスを紹介 ブロガー向け

今回は画像圧縮サービスについて無料で使えて、かつ使いやすいものを調べてみたので、紹介します。

ブログの画像は、塵も積もれば山となるで、サイズの大きい画像を入れ続けると、サイトの読み込みが遅くなってしまったり、良いことがありません。

画像圧縮はブロガーにとって、大事な課題なのではないでしょうか?

「自信作のアイキャッチ画像を作ったけど、画像の容量が大きい…」

そんな風に思ったときに、参考にしてみてください。

スポンサードリンク


おすすめの圧縮サービスは『JPEG圧縮』

おすすめの画像圧縮サービスは『JPEG圧縮』です。

⇒JPEG圧縮はこちら

JPEG圧縮には以下のメリットがあります。

JPEG圧縮のメリット
  • 画像圧縮のレベルを自分で調整できる
  • 無料で圧縮機能を使うことができる

有料でAdobeやCanvaを使っている方は、この機能をもっと便利に使うことができるのですが、「ブログのアイキャッチ画像しかつくらないよ!」という方にとって、有料でソフトを購入するのは気が引けると思います。

JPEG圧縮のデメリットとしては以下です。

JPEG圧縮のデメリット
  • 圧縮できるファイルがJPEG(JPG)のみ
  • 圧縮できる画像が1枚ずつしかできない

JPEG圧縮では圧縮できるファイルの種類がJPEGのみになっています。

圧縮する際には、JPEGファイルに変換するようにしましょう。

また、JPG圧縮は画像が一枚ずつしか圧縮できませんが、ブログなどのアイキャッチ画像のみで使用するのであれば、さほど苦痛にはならないかと思います。

画像圧縮のレベルを自分で調整できるサービスは、私が見つけた限り、JPEG圧縮のみなので、気になった方は使ってみてください♪

スポンサードリンク


よくおすすめされるのはTinyPNG

画像圧縮ソフトでよくお勧めされるのが、『TinyPNG』です。

⇒TinyPNGはこちら

TinyPNGは以下のメリットがあります。

TinyPNGのメリット
  • PNG、JPEG(JPG)両方圧縮ができる
  • ファイルドロップのみで簡単に圧縮できる

TinyPNGは画像であれば、基本圧縮できるのが、強みといえます。

しかし、デメリットもあります。

以下で説明します。

スポンサードリンク


TinyPNGは圧縮率が決まっている?

TinyPNGは圧縮率がデフォルトで決まっていて、自分では変更することができません。

そのため、圧縮してまだ容量が大きかった場合、もう一回圧縮しなければならないという手間が発生します。

記事をあまり更新しない方にとっては、使いやすい画像圧縮サービスなのですが、毎日複数更新したりする方には、手間に感じてしまうかもしれません。

スポンサードリンク


画像圧縮サービスまとめ

今回は2種類の画像圧縮サービスについて紹介しました。

両方使ってみた結果、おすすめは以下のように分類できます。

画像圧縮サービスのおすすめ
  • 複数の画像圧縮をするなら『JPEG圧縮』
  • 1つの画像を圧縮するなら『TinyPNG』

画像圧縮もサービスを使い分けて、効率的に作業をこなしましょう!

作業効率化を図ることで、記事更新も楽に、楽しくなっていきますよ♪

コメント

  1. […] […]