本田圭佑がボタフォゴに移籍!東京オリンピック目指して再スタート

本田圭佑がボタフォゴに移籍!今後の動向は? トレンド

本田圭佑選手がブラジルのボタフォゴに移籍することが、2020年1月31日に決定しました。

本田圭佑選手もインスタでチーム加入の挨拶を投稿しています。

この投稿をInstagramで見る

Vamos !! @botafogo #botafogo #ksk

Keisuke Honda(@keisukehonda)がシェアした投稿 –

スポンサードリンク


現地では手厚い歓迎ムード!

ボタフォゴの公式ツイッターにて、以下のような紹介がされました。

ゲームボーイやポケモンなど日本では有名なものを織り交ぜられており、歓迎ムードがうかがえます。

本田獲得に決め手を売ったのは現地のサポーター

本田圭佑獲得にいたるまで、ボタフォゴのチーム陣営は、獲得に対して消極的でした。

ボタフォゴにはガブリエウ・コルテスという本田と同じ攻撃的MFの若手選手がいます。

ガブリエウ・コルテスは24歳でボタフォゴにとっては、彼が成長を期待するプレイヤーなだけに、獲得には消極的となったようです。

その中、クラブのサポーターからSNSにてキャンペーンを実施しました。

その甲斐もあり、「#本田さんボタフォゴに来て」のハッシュタグがトレンド入りし、ボタフォゴは本田獲得に積極的になりました。

現地では一生懸命、翻訳機で日本語に翻訳してからツイートする方や、現地の名物などブラジルの魅力を紹介する方もいました。

現地の歓迎ムードを力に変えて、本田選手には良い成績を期待したいですね♪

スポンサードリンク


本田は戦力としては、あまりよく思われていない?

本田選手の戦力としての評価はあまり良くないようです。

ここ数年での、本田選手の移籍事情などを見ると以下になります。

ここ数年の本田圭佑の動向
  • ACミランを退団後、メキシコのCFパチューカに移籍
  • もうすぐ引退が騒がれるスター選手が集うメルボルンでのプレイ
  • 無所属期間中の有名クラブへの自身からオファーを起こす行動

これらを見ると、ACミランで活躍した当時の本田選手は、もういないと思われているようです。

サッカーチームの監督を務めていたり、SVホルンやサッカースクールの経営などから、事業家としての側面から、現地では「非常に活動的な事業家」という評価を受けているようです。

肝心のサッカー選手としての評価はいまいちと言えるでしょう。

東京オリンピックにオーバーエイジで出場を狙う本田選手にとって、ボタフォゴでの活躍は必須事項になりそうです。

活躍を期待したいですね♪

スポンサードリンク


まとめ

本田圭佑選手の今後のボタフォゴでの活躍を期待したいです。

またライバルとなるであろう若手の攻撃的MFのガブリエウ・コルテス選手との熾烈になるであろうレギュラー争いにも注目ですね♪

コメント